日本の家族と再会したビザの申請

Thủ tục xin visa đoàn tụ với gia đình ở Nhật .Sau khi đã ổn định công việc – cuộc sống tại Nhật, làm thế nào để có thể đón vợ(chồng) và con sang Nhật.

仕事 – 日本での安定した生活は、あなたにとって大きな喜びですが、家族であなたの家族と一緒に暮らすと、もっと幸せになります。それで、結婚すること(妻)と日本に戻ってくる子どもたちは、どうやって多くの友人の問題になるのですか?

この記事では、このビザをオフラインで取得するために必要な手順と書類を福澤が案内します。

申請者はビザを申請することができます。
家族の再会ビザは、日本に居住する者の配偶者や児童に、以下の在留資格で居住するビザです。

このタイプのビザの元の名前は家族滞在です(ファミリーレジデンス)ので、間違って親または兄弟のどちらかを拾う人もいます。公式の日本国司法省の規則に従って、配偶者のみが結婚に登録され、幼児(法的書類を持つ幼児および養子を含む)は保護される。この場所を取る

もう一つの注目すべき点は、毎日の活動に加えて家族の統一ビザを持っている人、学校に通うこと、語学学校、センモン、大学などがありますが、お金のために働くことはできません地方入国管理局の外にあなたの住居を登録していない場合(資格外活動許可の申請)。

登録手続きが完了すると、滞在後1週間に28時間以上働くシールが与えられ、この「免許」で合法的に働くことができます。ただし、警察/仮釈放カウントダウンの正しい順序で時間が過ぎているかのように、完全な税金であっても、依然として最も厳しい治療法の対象となる可能性があるので、所定の時間を守ってください。日本からの追放。

スポンサーが永住者または日本国籍の場合、配偶者は無制限の時間を過ごすことができ、入国管理局に登録する必要はありません。

ビザ発行の基準。

家族ビザを取得するための最も重要な基準は、スポンサーの経済的能力です。保証人は、スポンサーの財政能力を証明する書類がパッケージの中で非常に重要な役割を果たすため、スポンサーとなる人を支援する財政的能力を証明する必要があります。 。

実際、スポンサーが就労ビザの保有者で、次の2つのいずれかを入力すると、ビザ取得の可能性は極めて低くなります。

税金の支払いを遅らせる(または税金を払わない)。
毎月1万8千円以下の収入がある。
スポンサーが学生ビザ保有者の場合、最低6ヶ月間、家族全員の最低生活費をカバーするには、銀行口座に十分な残高があるはずです。奨学金を持っている学生には、毎月奨学金を受け取ったことを証明することで、保証人の財務能力を証明することもできます。

3.ビザ申請に必要な書類。

家族の統一ビザを申請するには、スポンサーとの関係と財政的能力との関係ですべての市民を準備する必要があります。

以下に記載されている書類は最小書類であることに注意してください。その場合、EPIは必要に応じてその他の必要書類の追加または説明を求めます。

記事に記載されている論文は、英語または日本語に翻訳する必要があります。あなたがベトナムで事前翻訳をしている場合は、翻訳を公証する必要がありますが、日本で準備する場合は、正確な翻訳を保証するだけで、公証する必要はありません。

日本で必要な書類(例えば、税証明書、労働証明書…)は3ヶ月以内に発行する必要があります。必要な書類は次のとおりです。

=>写真(縦4cm×横3cm)(写真カードサイズ3cm×4cm 1枚)。

※3ヶ月以内に撮影した写真、帽子なし、白い背景、透明。
※写真の裏側に申請者(保証人)の氏名が記載されていますので、登録用紙に貼り付けてください
※16歳未満の方に写真を提出する必要がない場合

=>住所付き392y切手(セキュリティ用)封筒。

受益者との関係を証明するための以下の書類の1つ。

戸籍謄本(世帯登録簿)
(2)婚姻届受理証明書(婚姻受理証明書)
(3)結婚証明書(写し)(結婚証明書の写し)
(4)出生証明書(写し)(出生証明書※子どものピックアップのコピー)
(5)その他の論文
=>スポンサーの身分証明書(エイリアンカードまたはパスポート)。

=>保証人の所得と仕事の証明。

☞ビジネス保証人または正式雇用所得

スポンサーの仕事を証明するための以下の書類の1つ。
在職証明書(会社での就職証明書)
営業許可書の写し等(営業許可証のコピー等)
スポンサーが支払った所得および税金を証明するための次の書類の1つ
住民税または所得者の納税証明書(市税所得税/所得税証明書)
源泉徴収票(年末の所得と納税の概要)
確定申告書控えの写し(地区税申告書のコピー) –
その他の同等の書類。
☞スポンサーが留学生の場合:

扶養者名義の金金残高(保証人名義の銀行口座残高証明書)
給付金額及び給付期間を明示した金額給付に関する証明書(奨学金又は助成金の証明書)
同等の価値を持つ他の論文。
上記の書類を準備した後、保証人は提出のために現地事務所を引き受けます。受益者が既に他の居住者の地位で日本に居住している場合、その保証は移民と移民局に直接提出することができます。また、査証を申請する際に、居住許可外の仕事を申請することもできます(就労許可を申請する)。

福澤は、この記事が素早くあなたの家族と再会するのに役立つことを願っています。

成功をお祈りします!

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.